本当にアテになるの?!結婚相談所の成婚率の見極め方

結婚相談所について調べていると、成婚率というものがある事に気づきます。

成婚率とはそもそもどうやって計算しているのでしょうか?
よくよく見てみると結婚相談所によって成婚率の計算の仕方が違うことがわかります。

そんな成婚率ですが、結婚相談所を選ぶにあたって指標にして良いのでしょうか?

 

そもそも成婚率とは?

成婚率とは、その結婚相談所に入会した人の中で実際に結婚できた人の割合を表す数字の事です。

結婚相談所に入会したからと言って100%全員が全員結婚できる訳ではないのですが、入会して実際に結婚した人ももちろんいます。

その「実際に結婚できた人」の割合が高ければ高い程、「その結婚相談所に入会すると結婚できる可能性が高まる」と評判も上がりやすいのです。

ですから多くの結婚相談所では成婚率を公開しています。

逆に考えれば、成婚させられたという実績があるから、自信を持って成婚率を公開できるという事でもあります。
低い成婚率を公開したところで誰も入会してくれないので、結婚相談所にとっては成婚率の公開はデメリットもなりえますもんね。

 

「公開していない=成婚できる確率が低い」という訳ではない理由とは?

成婚率は全ての結婚相談所が公開している訳ではなく、全く公開していない結婚相談所も沢山あります。

ですがそれは、「成婚率が低い」からという理由で公開していない訳ではありません。

もちろん中には本当に数字が低くて公開していない結婚相談所もあります。

ですが成婚率は絶対に公開しなくてはいけないデータではありませんし、そもそも算出方法が結婚相談所によって異なるので、絶対的な指標にはならないからです。

 

大手結婚相談所の成婚率とその算出方法をチェック

それではここで実際に、成婚率を公開している大手結婚相談所2社の成婚率とその算出方法をチェックしてみましょう。

 

結婚相談所 成婚率(2016年度)
パートナーエージェント 28.6%
IBJメンバーズ 55.4%

この数字だけを見てみると、IBJメンバーズって成婚率めっちゃ高いじゃん!となりますよね。確かに高い事は事実なのですが、パートナーエージェントとIBJメンバーズでは成婚率の算出方法が異なるのです。

 

パートナーエージェントは成婚者÷会員数

パートナーエージェントでは、その年の会員全体の中に成婚できた人はどれぐらいいるのか?の割合を出した数字を成婚率としています。

国勢調査での成婚率の出し方と同じで、業界全体の成婚率もこの方法で算出すると10%前後となります。そう考えるとパートナーエージェントの成婚率は業界全体で見ても高いことがわかるのではないでしょうか。

 

IBJメンバーズは成婚退会者÷全退会者数

IBJメンバーズでは、これまで退会した人の中でも成婚が理由で退会した人はどれぐらいいるのか?の割合を出した数字を成婚率としています。

分母である数字が、パートナーエージェントの計算方法では在籍している会員数、IBJメンバーズでは退会した数となります。

在籍している会員数よりも退会した人の数の方が少ない事は明らかなので、 IBJメンバーズの計算式ではそれだけ高い数字が出てくることがわかります。

 

自分が何を重視するかによって成婚率を見極めよう

成婚率を公開している結婚相談所はあまり多くはありませんが、もし自分が気になる結婚相談所が成婚率を公開していたらその計算方法をまずチェックしましょう。

全ての会員数の中に成婚した人がどれぐらいいるのかを知りたいのか、退会した人の中で成婚が理由で退会した人がどれぐらいいるのかを知りたいのかは人それぞれなので、自分が何を知りたいのかもしっかり把握しておくのがおすすめですよ。

 

 

各結婚相談所公式サイトはこちらから

どれだけ安くなる?20代割が利用できる結婚相談所の料金徹底比較!

結婚相談所では20代であるというだけで、申し込みはかなりの数が来ると言われています。

これは結婚相談所に限らず、婚活パーティーや婚活サイト・アプリでも言えることです。

それだけ20代であるということは需要があるにも関わらず、「まだ20代だし大丈夫だろう…」となかなか結婚相談所へ一歩踏み出すことができない人が多いのも事実。

 

婚活は年齢がかなり大きく左右されるので、男女共に需要が一番高い20代であるうちから本気で活動しておくことで最短距離で結婚へとゴールインすることができます

そして結婚相談所では20代割引を設けているところも多いので、通常よりも安くサービスを利用することができるのでとてもお得。

 

ここでは20代割引が利用できる結婚相談所と、それぞれの料金を比較してみることにしました。

 

20代割が利用できる結婚相談所と、その内容

大手結婚相談所で20代限定の割引サービスがあるところとその料金、適用条件をリストアップしてみました。

結婚相談所 特典内容 適用条件
ツヴァイ 初期登録費145,000円➡︎50,000円 20代男女
パートナーエージェント 初期登録費95,000円➡︎20,000円
月会費16,000円➡︎12,000円
20歳〜28歳の男女
IBJメンバーズ 初期登録費190,000円➡︎120,000円 29歳以下の女性限定
ノッツェ 初期登録費47,500円➡︎23,250円
月会費4,500円➡︎3,000円
20代女性限定

 

ツヴァイは初期登録費が最大65%割引に

⬆️のリストではパーソナルサポートプランの料金を書きましたが、ツヴァイでは他のコースを選んだ場合も20代割を利用すれば、入会時に必要な初期登録費が最大65%割引になります。

20代であれば男女共に利用できるので、大手結婚相談所の中では一番幅広い人が利用できる割引サービスですね。
 

パートナーエージェントは初期登録費が80%オフ、月会費も安く

パートナーエージェントでは初期登録費が8割も安くなるので、入会時に必要な費用がかなり楽になります。

毎月の月会費も安くなり、28歳以下の男女が利用することができるので、仲介型結婚相談所を考えている20代男女にはかなりおすすめです。
 

IBJメンバーズは20代女性限定

IBJメンバーズは女性限定ではありますが、初期登録費が安くなります。

大手結婚相談所の中でもIBJメンバーズは会費がトップクラスに高いのですが、在籍会員数もトップクラスなので選択肢を広げたいという20代女性は利用してみてはいかがでしょうか。
 

ノッツェも20代女性限定、月会費がかなり安く

ノッツェも20代の女性限定にはなりますが、月会費が元々安いのに3,000円とかなり安くなります。

初期登録費も他の結婚相談所に比べて安いので、なるべく費用を抑えて婚活をしたいという20代女性におすすめです。

 

各結婚相談所公式サイトはこちらから

結婚相談所での申し込みとお見合い、大体何回ぐらいで成婚できる?

結婚相談所への入会を考えているものの、気になるところと言えばどれぐらいの人とお見合いすれば良いのかな〜?というところですよね。

誰でもなるべく最短距離で結婚を決めたいと思うのは当たり前のことですから、出来るだけ少ない人数とのお見合いで済ませたいなと思うのではないでしょうか。

 

結婚相談所から紹介してもらえる人数や申し込みできる人数保証がある

結婚相談所を色々見ていると、紹介人数や申し込み人数が決まっていることがわかってきます。
人数が決まっているというよりかは、「少なくともこの人数は必ず紹介しますよ」という保証の様なものです。

せっかくお金を払っているのに、今月は全く誰も紹介してもらえなかった…という事になるとお金も時間も損した気分になりますし、その結婚相談所への不信感にも繋がりますよね。
不信感が積もり積もっていくと婚活へのモチベーションも下がってしまうので、結婚相談所ではその人数の最低保証をしているのです。

ただそれは、結婚相談所のコースによって人数が異なります。

 

各結婚相談所紹介人数比較

金額によって紹介人数や申し込み人数を選びたいなら

多くの結婚相談所は、紹介人数に応じて料金が変動するシステムです。
以下の大手結婚相談所4社のプラン別料金と紹介人数を表にしてみました。

結婚相談所(コース名) 料金(月) 紹介人数(月)
ツヴァイ
(パーソナルサポートプラン/パーソナルサポートプランアクティブ)
9,500円
〜13,800円
1名以上〜6名以上
ノッツェ
(ベーシックコース)
4,500円
〜13,500円
2名〜10名
IBJメンバーズ
(全コース)
15,000円 月3名まで
ゼクシィ縁結びカウンター
(スタンダードプラン/プレミアプラン)
16,000円
/23,000円
月6名まで

ツヴァイは紹介人数1名変わるごとに月会費が変わるシステム

ツヴァイはパーソナルサポートプランとパーソナルサポートプランアクティブの2つのコースがありますが、どちらのコースも毎月1名以上、2名以上、3名以上、4名以上、5名以上、6名以上とそれぞれの紹介人数に合わせて月会費が変わっていくシステムです。

紹介人数が1名変わるごとに料金が変わっていくので、選びやすいですね。

 

ノッツェは3つの料金プランから選べる

ノッツェもツヴァイと同じく紹介人数に応じて月会費が変わります。

毎月2名、5名、10名の中から選ぶ事ができます。ツヴァイに比べると選択肢の幅は少し狭まりますね。

 

IBJメンバーズはプランによって紹介人数と申し込み可能人数が変わる

IBJメンバーズでは紹介人数だけではなく、申し込みできる人数も設定されています。
エントリコース、スマートコース、スマートプラスコース、プライムコースの4つがありますが、全コース一律月会費は15,000円となっており、初期費用で変動するシステムです。

紹介人数とはIBJメンバーズ側から毎月紹介される人数、申し込み可能人数とは自分で検索したり紹介された人の中から良いなと思った人がいた場合、実際にコンタクトを取ることができる人数のことです。

紹介人数は0名〜3名、申し込み可能人数は月10名〜30名と設定されています。

 

ゼクシィ縁結びカウンターは、申し込み可能人数に制限がある

ゼクシィ縁結びカウンターは、スタンダードプランもプレミアプランも、検索からの申し込み可能人数が10名、紹介からの申し込み可能人数が6名となっています。

紹介人数の制限があるのではなく、申し込み可能人数の制限があるタイプですね。

申し込み可能人数はどちらのプランも同じですが、ファーストコンタクト成立保証の有り無し、定期面談の頻度によって料金が変わります。

 

特に人数が決まっていなくても良いから、臨機応変に対応してほしいなら

パートナーエージェント コンシェルジュコース

パートナーエージェントのコンシェルジュコースは料金設定がシンプルで、紹介人数や申し込み人数によって料金が変動することはありません。

パートナーエージェント
(コンシェルジュコース)
16,000円 月最低2名以上

また月の紹介人数の制限も無いのですが、最低でも2名以上は紹介してもらえるシステムとなっているので、「今月は誰も紹介してもらえないかも…」と不安になることもありません。

公式サイトによると月の平均紹介人数は7.5名なので比較的多めの人数を紹介してもらうことができます。

それよりもパートナーエージェントはマンツーマンの手厚いサポートに定評がありますので、少ない人数でもじっくりと相手と向き合うことができるのですね

 

結局何人ぐらい紹介してもらえばいいの?

自分が求める活動スタイルをよく考えてみる

何人ぐらい紹介して貰えば結婚相手に出会えるという明確な保証はありません。

毎月そんなに沢山の人に会うのは自分の性格上しんどい…という人もいることでしょうし、逆にスピード重視で短期間に沢山の人に出会っておきたいという人もいるでしょう。

ですから、まずは自分の性格や生活スタイルにはどれぐらいが一番無理が無いかな?というのを自分なりに考えてみましょう。

 

最初は少ない人数から始めてみる

それでもあまりよくわからないな…という人は、まずは少ない紹介人数から始めてみるのがおすすめです。

足りないな…と思えばもっと紹介してもらえるコースに移れば良いだけですしね。

 

金額から選ぶのもおすすめ

もしくは自分が無理なく毎月支払える金額で活動できるところを選ぶのもおすすめです。

上に書いた通り何人出会えば結婚できるという保証はないので、毎月の紹介人数から結婚相談所を選ぶのはなかなか難しいことです。

それよりも活動を一定期間続けることが大切なので、無理なく続けられる金額の結婚相談所を選ぶことが一番大切です。

 

 

各結婚相談所公式サイトはこちらから